早漏改善に役に立つオナニーの方法とは?

早漏改善

セックスの最中に挿入してからすぐに射精してしまうため、女性を満足させられない。早漏は男性にとって深刻な悩みです。
しかしながら、普段のオナニーで改善が期待ですます。

では、早漏に効果的なオナニーのやり方ですが、まずはやってはいけないのは早漏を悪化させるオナニーです。
ひとつめはすぐに射精しようとするやり方です。思春期の頃、親に見つからないようにそそくさと射精しまう癖がついてしまっている、セックスと違い単なる性欲処理のごとくさっさと終わらせてしまう、そのような方法でペニスをいじっていると早く射精する癖がついてしまいます。

他にもペニスを皮の上からしごく方法は直接、亀頭が刺激されないので、オナニーで亀頭を鍛えることができません。その結果、セックス中の亀頭への刺激に耐えられずすぐに射精してしまう原因となります。
これらのことから、普段から早く射精しないことと亀頭を刺激に慣れさせることを心がければ早漏を改善する効果が見込めるといえます。

まず、早く射精しないやり方ですが、ペニスをしごいていて射精しそうになったら手を止めて、射精するのを我慢しましょう。この時、下腹部を奥に引っ込めるように力を入れるとお尻の穴の前側の筋肉に力を入れると効果的です。しかしながらあまりやりすぎると精液が膀胱に逆流する原因となりますので、注意しましょう。また、あまり射精寸前までしごき続けると射精を止めようとしても間に合わないことがありますので、ある程度前もって止める意識が大切です。

次に亀頭を刺激に慣れさせる方法ですが、これは普段からペニスを上下にしごくよりも亀頭を重点的にいじるようにすることです。なお、亀頭は皮膚が薄く、乾いた手でいじりすぎると皮膚がこすれて出血するなどしてしまう場合がありますので、ローションや石鹸などを使うようにしましょう。また、長い間いじりすぎるのも出血の原因になります。

しかし、自分の手と女性の膣内では感触が全く違います。オナホールは膣内を模して造られているので、オナホールを使って膣内の感覚に慣れておくことも効果的と言えるでしょう。
これらの方法をミックスして、普段のオナニーから少しずつ射精時間が延びるように心がけましょう。しかしながら、早漏はこれらの方法を試してみても、ただちに改善されるのは稀です。また、勃起や射精は男性の精神面と大きくかかわっていますので、あまり焦って改善を期待してしまうことは症状を悪化させたり、EDなどの原因となってしまう場合もあります。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す