タバコやお酒はED(勃起不全)になるって本当?原因と対策

タバコ お酒 ED

EDとは、男性の勃起不全のことをいいます。勃起するのに時間がかかってしまったり、勃起をしても維持ができないなどの満足のいく性行為を行えない状態のことです。

そんな勃起不全の原因は、病気や薬の副作用、精神的に性的なトラウマがある、疲れやストレスあるいは加齢などの要因によって引き起こされます。

病気や薬の副作用の場合、その病気自体を改善する必要があり、精神的な問題であればカウンセリングなどで改善していきます。
また、日常的な習慣が要因となるケースもあります。

それがタバコとお酒つまりアルコールによるものです。疲れやストレス、加齢などもそうですが、これらによって引き起こされるEDは、ほとんどの場合が陰茎周辺の血液が滞っていることで、勃起が抑制されます。

タバコは、有害物質が含まれており血管内の細胞を傷つけてしまい、血管内皮障害を引き起こします。すると血管内では、血管を拡げる効果のある一酸化窒素が減少してしまいます。一酸化窒素が減れば血管は収縮してしまい、動脈硬化を引き起こします。すると陰茎周辺も血流も悪くなっていき勃起が満足にできなくなってしまうのです。

もちろん、動脈硬化は陰茎以外にも広がるため生活習慣病を引き起こすきっかけとなります。

また、有害物質であるニコチンは末梢血管を収縮させる作用があり、それも血流を悪くする原因です。
他にもお酒もEDの原因となります。
少量のアルコールであれば、血流を良くする効果があり性行為をしやすくする効果が期待できます。しかし、飲み過ぎてしまうと脳の神経細胞に影響を及ぼします。中枢神経に作用して脳を麻痺させてしまうことで、正常な勃起できなくなってしまいます。酔った勢いで女性と行為をしようとしても勃起できないというケースはよくあります。

また、習慣的に過度のアルコールを摂取し続けると勃起ができなくなるだけではなく、男性ホルモンが低下してしまったり、睾丸萎縮などの症状も現れます。

そんな状態に対する対策としては、タバコはすぐにやめて禁煙するか、飲酒は適度な量を心がけることが大切です。

禁煙することがED治療の第一歩ともいえ、豊かな性生活をするためにもきちんと治療していくことが重要となります。一人で禁煙することが難しい場合には、禁煙外来を受診することもオススメです。

お酒は節度のある飲酒をすることが効果的です。節度ある飲酒とは1日平均20g程度のアルコールとされており、適量を守ればED予防効果が期待できます。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す