レビトラとは?知っておきたいレビトラを飲むメリットとデメリット

レビトラ メリット デメリット

レビトラとは、ED(勃起障害)治療薬です。日本で承認されているED治療薬は3つあり、世界初のED治療薬として有名なバイアグラに次いで2番目に日本で承認を受けました。

2004年に承認され、ドイツのバイエル社から発売されています。バイアグラが「狭心症薬を開発していて偶然EDに効果があるとわかった薬」であるのに対して、レビトラは「最初からED治療のために開発した薬」です。なので当然バイアグラの欠点を解消し、効果が現れやすくなるように、また飲みやすくなるように開発されている薬です。

主成分は塩酸バルデナフィル水和物という物質で、これが血中でバルデナフィルになると勃起を阻害する酵素PDE-5を阻害する働きを示し、ED治療薬といての機能を果たします。

それでは、レビトラを飲むことのメリットとデメリットについて、解説していきます。

・メリット
3種類あるED治療薬の中からレビトラを選択するメリットは、即効性です。

有効成分のバルデナフィルは非常に水に溶けやすく、バイアグラより早く効果が表れます。

最高血中濃度に到達する時間は45分、効果自体は10~30分で現れるとされています。

3つ目のED治療薬であるシアリスは、逆に遅効性で効果が持続します。また、バイアグラの弱点であった「成分の吸収率が食事の影響を受ける」という点が解消されており、服用時に食事量を気にする必要がないという点もメリットです。(効果が現れづらい場合、食前に服用した方が効果が出やすくなります。)

・デメリット
レビトラのデメリットは、薬の特許(承認から15年)が切れていないため正式なジェネリック医薬品が販売されておらず、薬価が高いことです。バイアグラは2014年に特許が切れたためジェネリック医薬品が出回っています。

また、重篤な副作用は報告されていませんが、比較的軽度な副作用として以下が知られています。

・顔のほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻づまり

これらは主に有効成分の血管拡張作用によって起こるものであり、重大な影響を与えるものではありません。

また、当然ですが既に罹患している病気や服用中の薬によっては、服用ができないケースがあります。例えば、肝機能障害、腎機能障害、脳梗塞の既往、低血圧、抗不整脈薬の投薬中などです。

いかがでしたでしょうか。男性機能を取り戻したい、自信を失いたくないという方のED治療薬選択の参考に、少しでもお役に立てれば幸いです。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す