40代男性に多いEDの原因とは?知っておきたい3つの対策

40代 ED

30代のころは元気だったという男性も40代になるとEDが気になるケースが少なくありません。体力の低下によって持続力を維持できないことが原因だと思われていますが、一般的には血行不良とストレスが影響しています。40代は生活習慣病のリスクが高くなる年代で、動脈硬化が進行しやすいです。血液がドロドロになると下半身が性欲に連動するように立たなくなりますし、立ちも弱くなってしまいます。中折れの原因にもなるので、生活習慣病を予防することが大切です。40代はストレスが溜まりやすい年代でもあるので、ストレス解消がED対策として効果的です。40代のED対策には次の3つの方法があるので実践してください。

動脈硬化を予防して血行促進をすることは、EDの最大の対策と言えるでしょう。30代~40代になるとEDの発症率が高くなるのは血液が血中脂質で汚れることが関係しています。代謝機能が低下してくる年齢なので、今までと同じ食事内容であっても太りやすくなります。EDの原因を取り除くことが最大の対策となるため、血液サラサラ素材を多く取り入れることが大切です。野菜や海藻類・魚介類などはサラサラ素材ですし、黒酢やりんご酢もおすすめです。あとは無理をしない範囲で運動をして代謝を高めていくことも大切となります。

ストレス対策はとにかく休息を取ることが最大の方法ですから、就寝時間を増やすことから始めてみましょう。1日に6~7時間の睡眠があれば十分という方はいますが、理想は8~9時間くらいです。睡眠に勝るストレス解消法はないので、少し多めに眠るように心がけてください。睡眠は脳を休ませる行為であり、肉体だけでなく心の疲労も解消してくれます。睡眠不足による身体への負担は少しずつ蓄積していき、EDの原因となるので注意してください。

40代からのEDの原因としては薬の影響もあり、精神疾患の治療薬を服用している方は注意が必要です。こうした症状は一時的なものであり、薬の服用をやめることで元の勃起力を取り戻せるでしょう。薬を服用していないのに勃起力が減退していく場合は血行不良とストレスを中心に対策してください。体質は年々衰えていくのが当たり前なので、徐々に勃起力が減退していくのは仕方ありません。大切なのは年齢相応の勃起力を維持することであり、規則正しい生活を維持して体調を万全に保っておけば50代になってもED治療薬に頼ることなく性生活を楽しめるはずです。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す