男性に嬉しいアルギニンの3つの効果と副作用とは

アルギニン 効果

精力剤や栄養ドリンクに含まれていることの多い準必須アミノ酸のアルギニンですが、これはやはり体に元気を取り戻す効果が期待される成分だからです。加齢と共に体力が落ちていくのは仕方ない側面がありますが、実は体内でのアルギニン合成の能力が落ちることも関係しているからで、また特に男性にとってはほぼ必須といってよい位の重要な働きがありますから、副作用も含めて再確認して今後の健康生活の維持に役立てていきましょう。

アルギニンを摂取すると体内で分泌されたアンモニアを尿素に変換させて体外へ排出することを促すのですが、実はこのアンモニアとは体が代謝や消化などを行うと発生する物質であり、疲れた時には肝臓などの処理が間に合わず血中に溶け込んで脳に行き届いてしまいます。そうなると体に負荷がかかっていると察知、各部位に指令を出して休むような信号、つまり疲れを感じることになるのです。若い男性なら体力も旺盛ですしちょっとした疲れは大丈夫ですが、一定年齢以上の男性は常に疲れていると感じやすいものです。つまりアルギニンを効率的に摂取していくと疲労回復効果を実感できるようになるのです。

またアルギニンには免疫力を高める効果も存在しており、摂取することで風邪や病気になりにくい体を目指せます。青年から中年にかけての男性は体力が低下することと反比例するかたちで会社内で重要な仕事を任されるようになりますし、弱っている時や疲れている時だけでなく日常的に服用するのも良い習慣と言えるでしょう。

そしてアルギニンの特に大きな魅力となるのが男性機能の向上を図れることです。精力剤にも含まれているのはやはり性機能の強化、回復効果があるからで、具合的には環状グアノシン一リン酸への働き、血流の改善を行うことによって勃起力の向上や持続力も高めることができるのです。精液の主成分はアルギニンと亜鉛ですし、男性側に問題がある不妊にも大きな効果が期待できるのです。

体力回復から精力増強までいいことずくめの感が強いアルギニンですが、副作用も報告されているので一応注意が必要です。起きやすい副作用としては下痢や腹痛がありますが、これは過剰摂取をした場合に生じるものです。そして肝臓や腎臓への負担が大きくなるといったこともありますが、これも過剰摂取によって代謝が活発になりすぎてしまうからです。基本的にアルギニンは天然成分ですので適量を守っているかぎりこれといった副作用はありません。しかしながら成長期の子供では発育が過剰になる危険性がないわけではありませんし、統合失調症になる遺伝的要素が高い人が摂取し続けると症状を発生させやすくなる副作用もあるようです。





Warning: Use of undefined constant お名前 - assumed 'お名前' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 31

Warning: Use of undefined constant メールアドレス(公開されません) - assumed 'メールアドレス(公開されません)' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 33

Warning: Use of undefined constant ウェブサイト - assumed 'ウェブサイト' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/na2110200/odcsc.com/public_html/wp-content/themes/refinepro/comments.php on line 35

コメントを残す