男性に嬉しいシトルリンの3つの効果と副作用とは

シトルリン 効果

シトルリンは、昭和5年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種で、体内に入るとアルギニンに変換されます。また、アルギニンもシトルリンに変換されるのですが、この際に一酸化窒素窒素が生成されて血管が拡張します。これにより、血液循環が活性化するので、冷えやむくみの改善、新陳代謝の活性化などの効果が発揮されます。

なお、このようなシトルリンの効果は中高年男性の性機能の向上に有効ということから、精力剤系サプリに配合されているケースが多く見られています。ちなみに、これらの商品で謳われている主な効果は、EDの改善、ペニスの増大、精子の質の良化の3つです。

まず、1つ目のEDの改善は、シトルリンによる血管拡張作用が陰茎部に及ぶことにより、血流量が増加するためです。このような仕組みは、バイアグラやCialisなどのED治療薬と同じです。ただし、シトルリンの場合は陰茎部だけに作用するわけではないので、その効果はかなり軽めです。一方、身体に大きな負担をかけるようなことはないので、EDを改善する代わりに副作用が発生するという心配はありません。

次に、2つ目のペニスのサイズを増大するという効果は近年特に大きく注目されており、この部分をセンセーショナルな言葉で謳った商品が多数提供されています。なお、このような効果がシトルリンに期待できる理由は、陰茎部への血流量が増加すすることにより栄養素が円滑に供給されるからです。

ただし、このようなシトルリンによるペニスのサイズを増大させるという効果は良質なエビデンスがあるわけではないので、必ず発揮されるというわけではありません。このために、このような効果を謳っている商品の大部分は、「男性の自信を取り戻す」や「BIGになる」など派手な言葉を使っている一方で抽象的な表現にとどめています。

3つめの精子の質の良化は、体内でアルギニンに変化することによるものです。アルギニンは、男性ホルモンの分泌を活性化する効果を発揮するうえに、精液の材料の80%を占めています。つまり、精子の生成をサポートすると共に、その材料として使用されるという役割を担っているのです。

このように、シトルリンには男性の性機能をサポートする様々な有効性を期待できるのですが、精力剤系の商品に多く配合されているのはこの様な効果によるものだけではなく、過剰摂取による副作用が報告されていないという安全性の高さも関係しています。このために、1000㎎など食品から摂取するのは難しいレベルの量を配合している商品も提供されています。このような量を摂取しても余分な部分は体外に排出されるので、副作用の心配は基本的にはありません。

ただし、副作用の危険が危険がないというのは健康的な状態で摂取した場合のことで、肝機能が低下しているような場合に服用した場合は思わぬ事態が発生するかもしれません。また、アレルギー症状を引き起こす確率も0%ではないので、副作用がないからといって常に安全ではないということを念頭に置くのが適当です。このために、シトルリン配合の男性用サプリを病気を患っているような時に使用する場合は、医師に相談するのが賢明です。



男性に嬉しいアルギニンの3つの効果と副作用とは

アルギニン 効果

精力剤や栄養ドリンクに含まれていることの多い準必須アミノ酸のアルギニンですが、これはやはり体に元気を取り戻す効果が期待される成分だからです。加齢と共に体力が落ちていくのは仕方ない側面がありますが、実は体内でのアルギニン合成の能力が落ちることも関係しているからで、また特に男性にとってはほぼ必須といってよい位の重要な働きがありますから、副作用も含めて再確認して今後の健康生活の維持に役立てていきましょう。

アルギニンを摂取すると体内で分泌されたアンモニアを尿素に変換させて体外へ排出することを促すのですが、実はこのアンモニアとは体が代謝や消化などを行うと発生する物質であり、疲れた時には肝臓などの処理が間に合わず血中に溶け込んで脳に行き届いてしまいます。そうなると体に負荷がかかっていると察知、各部位に指令を出して休むような信号、つまり疲れを感じることになるのです。若い男性なら体力も旺盛ですしちょっとした疲れは大丈夫ですが、一定年齢以上の男性は常に疲れていると感じやすいものです。つまりアルギニンを効率的に摂取していくと疲労回復効果を実感できるようになるのです。

またアルギニンには免疫力を高める効果も存在しており、摂取することで風邪や病気になりにくい体を目指せます。青年から中年にかけての男性は体力が低下することと反比例するかたちで会社内で重要な仕事を任されるようになりますし、弱っている時や疲れている時だけでなく日常的に服用するのも良い習慣と言えるでしょう。

そしてアルギニンの特に大きな魅力となるのが男性機能の向上を図れることです。精力剤にも含まれているのはやはり性機能の強化、回復効果があるからで、具合的には環状グアノシン一リン酸への働き、血流の改善を行うことによって勃起力の向上や持続力も高めることができるのです。精液の主成分はアルギニンと亜鉛ですし、男性側に問題がある不妊にも大きな効果が期待できるのです。

体力回復から精力増強までいいことずくめの感が強いアルギニンですが、副作用も報告されているので一応注意が必要です。起きやすい副作用としては下痢や腹痛がありますが、これは過剰摂取をした場合に生じるものです。そして肝臓や腎臓への負担が大きくなるといったこともありますが、これも過剰摂取によって代謝が活発になりすぎてしまうからです。基本的にアルギニンは天然成分ですので適量を守っているかぎりこれといった副作用はありません。しかしながら成長期の子供では発育が過剰になる危険性がないわけではありませんし、統合失調症になる遺伝的要素が高い人が摂取し続けると症状を発生させやすくなる副作用もあるようです。




性欲がわかないのはなぜ?その原因と対処法とは

性欲湧かない 原因

最近、性欲がわかない…と悩んでいる方には何かしらの原因があります。彼氏・彼女と夜の営みができなくなった、もしくは、夜の営みでも今までのようには興奮しないという状況では、この先心配になってしまいますよね。そこでここでは、性欲がわかない原因を究明していきたいと思います。
 性欲がわかない原因は大きく2つ存在します。それは、身体的な原因と精神的な原因です。詳しく見ていきましょう。
 
1.身体的な原因 
 身体的な原因で考えられるのは、老衰と疲労です。まず老衰ですが、年をとると自然と男性ホルモンや女性ホルモンが減っていきます。それは自然なことですが、性欲がないことで、困る場合は、ホルモン系の治療などを受けることも可能です。また、運動や食事の改善などでも効果が出てくることも良くあります。疲労に関しては、日本人はとても忙しいといわれていて、仕事も外国に比べてかなりハードですよね。朝早かったり、夜遅くまで残業していたりと、どんどん疲労がたまってきてしまいます。そうすると自然と性欲がわかなくなってきてしまいます。疲労による性欲減退の対処法は単純に体を休ませることです。食事を健康的なものを取る(野菜や肉、魚などをバランスよく摂取する)ことや、しっかり睡眠をとることが重要です。

2.精神的な原因
 精神的な原因で考えられるのは、夫婦やカップルのマンネリ化や悩み事・ストレスなどです。これら精神的な原因で性欲がわかない場合は、身体的な原因で性欲がわかない場合よりも厄介です。夫婦やカップルの性行為のマンネリ化については、普段から同じようなことしかしていない場合は、たまにはいつもと違ったプレイをしたリ、違った場所でするというのが大きな対処法です。マンネリ化が起こってしまった場合は、いつもとは違う何かを取り入れてみてください。
 悩み事やストレスについては、悩み事やストレスの対象が全く関係のない人や事に関するものならそちらでの対処が必要ですし、夫婦やカップルの関係の中での悩み・ストレスなら、しっかりと相手と共有することが解決への近道になります。関係がギクシャクしていては当然に性欲なんてわきませんから、話し合いで悩み・ストレスを解消することが重要になってきます。
 
 いかがでしょうか。性欲は人間の欲求の中でも大きなものなので、性欲がわかないと、生きている感じがしないといえるくらいの人もいるかと思います。しっかりと性欲がわかない原因を突き止めて、対処法を実践して、これまで通りの性欲を取り戻しましょう。




精力減退の3つの原因とは?その改善策も解説

精力減退 原因

精力減退の3つの原因ですがまずは加齢が挙げられます。精力が維持されるためには様々なことが必要です。たとえば血管が健康であり血流がスムーズであること、男性ホルモンが正しく分泌されていることなどです。こうしたことはしかし年齢を重ねることで、少しずつ低下していきます。血管の場合、それまでの不摂生などによりダメージが出やすくなり、それにより血流が滞りやすくなると言った具合です。男性ホルモンの場合は、年齢を重ねることでその分泌量は減少していきます。よって年齢を重ねるとこうしたことを原因として精力減退は起こりやすくなると言えます。

ただこうした原因は必ずしも年齢を重ねたからと言って出てくるわけではありません。それまでの生活習慣が大きくものを言うと言う側面もありますから、改善策としては若い頃から自分の体の状態に気を使うことが第一です。また年齢を重ねたからと言ってそれを言い訳にせず、生活習慣に配慮することが状態や精力減退の改善につながると期待できます。それからふたつめですが、ストレスです。ストレスは自律神経を乱れさせる大きな原因であり、精力減退に自律神経は深く関係しています。

更に自律神経が調節されている部分と言うのは、男性ホルモンの分泌を司っている部分とひじょうに近い位置にあると言われています。そのため自律神経が乱れるとその影響を受けて男性ホルモンの分泌にも、悪影響が出やすくなると考えられます。精力減退と男性ホルモンの分泌量と言うのは切っても切り離せない関係にあるので、このような原因を防ぐためにはストレスを軽減し自律神経の働きを守ることが求められます。現代社会においてストレスを全く感じないと言うのは難しいことです。

ただしそれを感じても、速やかに上手に解消することができれば自律神経への影響も緩和できます。ですから改善策としては、自分なりのストレス解消法を見つけておくことが挙げられます。そして最後は食事内容の乱れです。たとえば脂肪分が多い食事ばかり食べていると、血中の脂肪も多くなるため血流としては滞りやすく、どろどろとした状態になりやすくなります。このような状態では精力維持のために必要な循環も起こりにくくなるため、精力減退が発生しやすいと考えられます。

これを改善するためには、とにかくバランスのとれた食事を食べることがいちばんです。脂肪分が悪いと言うことではなく、そればかりに偏っていると良くないと言うことです。肉と魚、野菜や海藻類などをバランスよく摂取するようにすると、体の状態を改善することにつながると考えられます。脂肪分でも、青魚などに多く含まれているDHA、EPAは血中コレステロールを抑制し、血流を促進させる作用が期待できるので精力減退にも効果的です。また亜鉛には男性ホルモンの分泌に働きかける作用があると言われているので、気になる方はこれが多く含まれている食品も意識的に摂取するのが望ましいです。

そして重要なのは、ここまでに書いてきた改善策は、1日や2日、行うだけで良いと言うものではないと言うことです。体に働きかけを行うためには継続することが何よりですから、その点は留意しておく必要があります。



精力増強に効果抜群!男性が摂るべき食べ物3選

精力増強 食べ物

精力増強に効果が期待できる、男性が是非とも食べておきたい食べ物としてまず挙げられるのが牡蠣です。これは牡蠣には精力増強に効果的と考えられる栄養が多く含まれているためです。たとえば亜鉛です。ミネラルの一種である亜鉛には細胞分裂を促進させる作用や味覚を正常に保つ作用などがあるのですが、加えて男性ホルモンの分泌に対して働きかける作用もあります。精力増強のためには何はともあれ男性ホルモンが正しく分泌されていることが必要不可欠であるため、亜鉛の摂取は非常に望ましいと考えられます。

また同じくミネラルの一種である鉄分、そしてビタミンE12には疲労回復に対する効果が期待できます。体が疲れていては精力増強は遠のいてしまうので、その点から考えても牡蠣は積極的に食べておきたい食べ物です。加えて肝機能を助けることで疲労回復に働きかけたり、血管を健康的な状態に保つタウリンも含まれていると言うのもポイントです。特に亜鉛の含有量と言う点に関して言えば、牡蠣は食べ物の中でもトップクラスなので機会があれば積極的に食べるのが望ましいです。続いてふたつめの食べ物は生姜です。

生姜が精力増強に効果的なのは体の循環を良くすることで、冷えを解消してくれるためです。体が冷えていると血流も滞り気味になりますし、筋肉の緊張した状態を強いられます。そのような状態では精力や活力を維持することは難しいため、まずは全身の巡りを良くして体温を上げ、冷えを取り除くことが求められます。生姜の辛味、風味のもととなっているいくつかの成分には、体の血行を良くすることで体温を上げる作用が期待できます。またこれにより血行が促進されると下半身に対する血流も良くなることから、性機能そのものが高まることも期待できるので生姜はおすすめの食べ物です。

そのまま食べるのは勿論ですが、すりおろして飲み物に混ぜて食べることができると言うのも魅力的です。最後は山芋です。山芋に含まれている、精力増強に効果的な成分はムチンとアルギニンのふたつです。

ムチンはたんぱく質を効率よくエネルギーに変換させる作用を持つ成分であるため疲労回復、活力の増強に役立つと考えられます。そしてアルギニンは血管を拡張させる作用があることから、血流促進に対しての作用が期待できます。このふたつの成分を同時に摂取することができるため、山芋は精力増強にはうってつけの食べ物だと言えます。またこれ以外にも、豊富なビタミン類が含まれていることにより体全体の健康バランスが保たれることにも良い食べ物です。



精力剤の種類とは?精力剤は大きく分けて3種類ある

精力剤は、更年期世代の男性のナイトライフをサポートすることを目的としたアイテムで、医薬品タイプのものと健康食品タイプのものに分類することが出来ます。さらに、健康食品タイプの精力剤には動物性の原料を主成分にしているものと植物性の原料を使用しているものとがあるので、全部で3種類に分けられるということになります。これらは、それぞれ特徴が異なっているので、内容を理解したうえで自分に合ったものを選択するようにしなくてはなりません。

まず、即効性という部分を希望している場合は、医薬品タイプの精力剤が最もオススメです。特に、バイアグラやLevitraといったED治療薬と呼ばれているものは服用して20~30分程度で効き目があらわれるので、すぐに何とかしたいという場合にも十分に対応することが出来ます。ただし、これらは単に勃起不全を服用した時に改善するだけで、有効成分が体外に排出されると効き目は失われてしまいます。つまり、精力の増強や滋養強壮などの効果は全く期待できないということです。

このような肉体的なパワーアップを望んでいる場合は、オットセイやすっぽん、マムシなどの動物性の食品を原料としている精力剤が最も適用です。これらには、タンパク質やアミノ酸、ミネラルなどのスタミナやパワーを高める豊富な栄養素を含んでいるので、ナイトライフのみならず日常生活を活力的に過ごすという効果も期待できます。

ちなみに、これらの動物性の食品を主成分としたもののデメリットは、値段がかなり高いということです。特に、国産で純度100%などの信頼度が高い商品の場合は、値段もかなり強気に設定されており、経済的に余裕がない人以外はお試し感覚で購入することは出来ません。

このような動物性食品タイプのデメリットを解消しているのが、現在提供されている精力剤の中で中心的な存在となっている植物性食品を主成分としているタイプの商品です。マカやトンガットアリ、Kura-Chai-Dumなどの天然ハーブを原料としており、動物性の商品と同様に栄養補給によりパワーアップを実現するという内容です。

これらの天然ハーブを主成分としている商品は動物性食品タイプよりもかなり安価なのが一般的で、1か月分が1,000円未満というものも少なくはありません。このために、実際に使ってみて効果を確認してから長期利用するかどうかを決定できるので、間違いのない商品選びを実現することが出来ます。