オナ禁が持つ13の効果とは?メリットとデメリットを検証

オナ禁 メリット デメリット

オナ禁にメリットもデメリットもありますが、基本的にはメリットの方が断然多いです。

オナ禁によって時間の有効活用ができる点やダイエットや筋トレ効果、その他にも女性にモテる効果など様々な効果があります。

一方、デメリットと言えば過度のオナ禁を実践した場合の男性ホルモンであるテストステロンの低下が代表的なデメリットでその他にはさして見当たらないです。

オナ禁のメリットとは?13の効果を解説

女性にモテる効果

オナ禁 モテ効果

オナ禁をすると、女性にモテるというメリットがあります。

その理由は、射精をすると大量の男性ホルモンが分泌されますが、オナ禁をすることでヒゲが伸びにくくなり、肌がきれいになります。

さらに、射精しないことで男性ホルモンのテストステロンが分泌され、脳内には女性を引きつけるためのフェロモンが分泌されるようになります。

特に意識していないのに、女性から話しかけてくれるという場合は、フェロモンの効果が出ていることが分かります。

テストステロンは男性らしい体つきにするホルモンです。筋トレなどを行うと筋肉が付きやすくなり、より男らしい体つきになっていきます。

毎日の生活の中でオナ禁をすることで、このようなモテる効果を得られます。

ダイエット効果

オナ禁 ダイエット効果

オナニーをするとエネルギーが消費されて血糖値が下がりますが、空腹感を感じて、いつも以上に食べてしまいテストステロンが減っている状態なので脂肪燃焼効果が下がっているので太りやすい状況です。

しかし、オナ禁することによってエネルギーが失われないので腹もテストステロンも減らないので脂肪燃焼作用を働かせることができます。

太りづらくて痩せやすい体質を作っていくことができまして、続けていくことでダイエットをすることができます。

テストステロンの脂肪燃焼作用を利用することによって、痩せる効果を維持しますからリバウンドも防ぐことができるでしょう。

エネルギーを消費した方が良いと思いがちですけど、ダイエット効果などのオナ禁のメリットがあります。

精神的(メンタル)に強くなる

オナ禁 効果 メンタル

オナ禁をする事で、活性テストステロン増加という効果が期待出来ます。

この活性テストステロンとは男性の体の調子を上げるホルモンで、オナ禁をして7日後に活性テストステロンが増える事が実験でも証明されています。

オナ禁によって様々なメリットが得られる事がわかっていますが、その一つに精神的に強くなる事が挙げられます。

性欲は食欲、睡眠欲と共に三大欲求と呼ばれており、食べる事や寝る事は止めると命を落とす事になります。

一方の性欲はオナ禁をしても死ぬ訳ではなく、三大欲望の中で唯一自分でコントロールする事が出来ます。

性欲を完璧にコントロール出来るようになれば、他人より圧倒的にメンタルが強くなり自制心も育ちます。

特に毎日のようにオナニーをしていた人は集中力が上がったり、冷静になったりという変化が見られやすくなります。

睡眠の質が上がる

オナ禁 効果 睡眠

オナ禁をすると睡眠の質が上がり早起きしやすくなると言われる理由は、まず性的な興奮状態にならないので、熟睡することが出来ることがあるからです。

人は興奮するとなかなか眠れません。快眠をするには、落ち着いた状態で寝ることが必用ですから、オナニーをすると眠れるという人もいます。

この状態で眠っても神経は起きている状態で無理やり眠っているような状態ですから、快眠とはほど遠い状態という事になります。

睡眠の質は神経の働きが起きている時と眠っているときと正常に後退することで上がるようになっていて、この神経の機能の交代がスムーズに出来るようになるのが、オナ禁をすることのメリットです。

これにより、睡眠の質が上がりよく眠れる上に早起きもしやすくなる効果も期待出来ます。

時間が有効に使える

オナ禁 効果 時間

オナ禁には幾つかのメリットがあります。射精で放出される精子は生命そのものであることは言うまでもありません。

精子を生み出すためには、男性は相当に大量のエネルギーを使用しているのです。

ですから、安易にオナニーによって放出するのは、あまりに効率が悪すぎるのです。子作り以外の意味合いで精子を放出するのがエネルギーの無駄にほかなりません。

オナ禁効果の一つに、注意力や集中力が増大する、というものがあります。オナ禁によって、仕事や勉強にエネルギーを注ぐことで、大きなメリットが得られることは間違いありません。

またオナニーにかける時間ももったいないです。実際の射精はせいぜい5秒程度なのに、そのわずかの時間のために、30分なり1時間なりの大切な時間を費やすのです。

オナ禁は多くのメリットをもたらしてくれます。

オナニー癖、オナニー中毒からの解放

オナ禁 効果 オナ中毒

オナニー癖やオナニー中毒の方は、オナ禁をすることで男性ホルモンの分泌を抑える事ができて回数を減らす事ができるようになります。

オナ禁をすることによるメリットは、本来の繁殖力を取り戻す効果がある事です。

インターネットの普及で、手軽にAVを見る事ができる現代の人たちはオナニーが習慣化されています。

そうなると女性の体に対する憧れが薄れてしまい、性行為の際より強い精子が生成されなくて繁殖力が弱くなってしまいます。

これが不妊症になる一つの原因にもなるため、男性はある程度禁欲をして強い精子が生成されるようにしなければいけません。

禁欲期間は長過ぎないように気をつけるべきです。長い期間禁欲することは逆効果になります。

人生の勝ち組になれる可能性が上がる

オナ禁 効果 勝ち組

オナ禁のメリットは様々ありますが、仕事に非常に活きてきます。

毎日のようにオナニーをしていると、生活に張り合いがなくなり顔つきも良いものではなくなります。

仕事で出世したり勝組の人々は効果的にオナニーをしているのです。オナ禁といっても禁欲が全てというものではありません。

例えば、ひとつのプロジェクトなど大きな業務が終わったら自分へのご褒美としてオナ禁を解禁するといった効果的なオナニーをする事により、モチベーションをあげるのです。

また、出世したり勝組の方々はだらだらと毎日オナニーをしません。

日々の業務目標を掲げ、達成に全力投球しているものです。その合間に週末などにオナ禁を解除します。

心身共にリフレッシュさせ勝組になりましょう。

顔つきが変わる。イケメン効果

オナ禁 効果 イケメン

オナ禁のメリットとしてイケメンになる効果があると言われており、その理由は2つあります。

男性は射精をしないと身体が「子孫繁栄のために魅力的な容姿を保たなければならない」と判断し、顔や体つきが男らしくなっていくというのが一つ目の理由です。

また、射精しない期間が長いと男性ホルモンが不活発な状態となり、中性的な顔つきになると言うのが二つ目の理由です。

近年では女子力の高い男性が人気がモテる傾向も有るため、二つ目の理由が追加されたのかもしれません。

筋トレ効果が上がり筋肉がつきやすくなる

オナ禁 効果 筋トレ

オナ禁によって得られるメリットの一つに、「筋トレ効果の向上」があります。

一定期間オナ禁を行うと体内の男性ホルモンがキープされるため、筋肉が付きやすい状態となるのです。

筋トレの際にプロテイン等を飲むと良いとされている理由も、プロテインに含まれているアルギニンが男性ホルモンの分泌を助けることにあります。

男性ホルモンの分泌量が盛んな状態であれば、筋トレで得られる効果も向上するのです。

トレーニングで体を鍛えようとしたがなかなか結果がでない、その理由は男性ホルモン不足にあるのかもしれません。

オナ禁によって男性ホルモンをキープしつつ、トレーニングを行っていけば男性ホルモンの効果でより一層の筋肉増強効果がもたらされるでしょう。

肌荒れやニキビに効果的

オナ禁 効果 ニキビ

オナ禁のメリットに肌荒れやニキビに対する効果があるのは、男性ホルモンの過剰分泌を防げるからです。

男性はオナニーをすると体内でテストステが減り、ジヒドロテストステロンが増えます。

テストステロンは筋肉を付けたり精子を生成したりとたくましい男性の体作りに欠かせませんが、ジヒドロテストステロンは悪玉男性ホルモンと呼ばれ皮脂の分泌を促進します。

毛穴に皮脂が詰まればアクネ菌が増殖しやすくなり、炎症を起こしてニキビを作ります。

元々男性は水分量が少なく皮脂の分泌が多めなので、オナニーによりさらに皮脂が過剰に分泌されると肌のバランスが崩れて吹き出物やニキビが増えます。

オナ禁でジヒドロテストステロンの生成を抑えることが大切です。

体臭の改善効果

オナ禁 効果 体臭

オナ禁のメリットとして、体臭が改善される効果があります。

体臭が改善される理由として、男性ホルモンが関係しています。

オナ禁をすることにより、男性ホルモンが低下していくことで体内の臭いを発生させる物質が減っていき、身体の臭いが消えていくのです。

それだけでなくペニスも清潔になっていくので、股間周辺の臭いも消えていきます。

オナ禁により体臭が改善される効果は絶大であり、身体の臭いが気になっている方にはおすすめできるでしょう。

やる気や集中力がアップする効果

オナ禁 効果 やる気

オナ禁のメリットの一つとして頻繁に上がられるのが「やる気や集中力」が上がるという効果。

海外の研究によれば、自慰行為は脳細胞を部分的に死滅させる効果があることがわかっています。

これは自慰行為によって出現する脳内神経伝達物質「ドーパミン」の影響によるもので、とくに知性や理性に関する働きを司っている「大脳新皮質」に対してその影響が強くでるといわれています。

その結果、思考力の低下や、集中力の低下、記憶異常が現れるのです。また単純に自慰行為は肉体を疲労させる行為ですので、それによって体力を奪われるという点でも集中力低下の原因となります。

抜け毛や薄毛対策に効果

オナ禁 効果 薄毛

オナ禁にはちゃんとした効果があり、男性ホルモンのうち9割を占めている活性テストステロンの増加が期待できます。

男の元気の源で体の調子を上げるホルモンを高める作用があるので、抜け毛や薄毛対策にも効果を発揮します。

オナニーをしすぎると薄毛になるのは昔からよく言われていて、その理由はテストステロンが減って悪玉ホルモンのジヒドロテストステロンが増加するからです。

テストステロンは男らしい体づくりを促進するメリットがありますが、ジヒドロテストロンは抜け毛や薄毛を促進させてしまう作用があります。

亜鉛とタンパク質が射精時に放出されるのも理由の1つで、髪の主成分はケラチンというタンパク質ですが、ケラチンはたんぱく質を亜鉛が合成することで生成されます。

オナニーをし過ぎると髪をつくる成分がなくなるので、育毛のためにオナ禁を実践しましょう。

オナ禁のデメリット

過度なオナ禁による男性ホルモンの低下

オナ禁 デメリット

オナ禁をする事で肌荒れが改善されて健康的な肌を手に入れられて、女性からモテることがあります。

また貴重な時間を割かなくて良いので、有意義な時間を過ごすことができるようになります。

このようにメリットは色々あるのですが、過度なオナ禁は男性ホルモンのテストステロンが低下するというデメリットがあります。

テストステロンは男性器の勃起から射精に至るまで大量に消費されるもので、これが減ってしまうとその機能が低下してしまいます。

禁欲期間が長くなる程機能の衰えが出てしまうため、我慢のし過ぎは良くないです。オナ禁をするなら、7日間禁欲して射精を繰り返す事が良いです。

1ヶ月の射精回数が少ない人は、多い人よりも前立腺癌になりやすいというデータも出ています。適度に欲を解放する方が良いです。

前立腺がんのリスクが微増する

オナ禁 デメリット

オナ禁をするとメリットだけでなく実はデメリットもあります。

デメリットの1つとして、オナ禁をすることで前立腺がんのリスクがわずかですが増えることがわかっています。

その理由として、前立腺には精液を生成するための材料を生成したり精子へ栄養をおくるための通り道になっています。

しかしオナ禁をしてしまうと射精回数が減ってしまうことになるため、それだけ前立腺の働きが少なくなり、衰えやすくなります。

前立腺を活発に動かせば動かすほど老廃物をためこまずに外に吐き出すことになるので、前立腺がんを防ぐことにつながります。

体の中に老廃物をためこまずに外に排出することが、病気を予防することにつながるのでオナ禁をし過ぎないように注意が必要です。

オナ禁が効果があるとされるそもそもの根拠とは?

オナ禁 根拠

ネット上の評判を見ても評価が見事にくっきりと分かれているのがオナ禁の効果ですが、医師や研究者によっても出されるエビデンスや根拠は見事な程分かれています。

美容などに効果があるとされろそもそもの医学的根拠は、射精によって亜鉛などのミネラル分が体内から排出されてしまうため、オナ禁をする事で体内に留めておく事ができ、その他の事にミネラルを有効活用できるというものです。

しかし睾丸に既に準備されている亜鉛などのミネラル成分を他に転用する事などできないとする医療従事者もいて、はっきりした事は分かっていないのが現状です。

もしかするとこういった議論でよくありがちな個人差があるのかもしれませんね。

それらを把握した上でオナ禁をしてみて実際に効果があるか試してみるのが健全と言えます。

女性のオナ禁の効果とは?

オナ禁 女性

女性のオナ禁の効果があるとしたら、どのようなものか気になりますが、あげられるのは次の点です。

それが睡眠の質の向上や体力の回復の向上です。

その理由は行為にはまることはつい寝る時間が遅くなる傾向があげられます。

夜寝る間を惜しんでビデオや漫画、行為などは睡眠不足に陥り、翌日の仕事にまで悪い影響を及ぼしてしまう可能性も無視できません。

寝不足はお肌はもちろんこと体調の調子を崩してしまう原因にもなります。

ですからやめることイコール、十分なしっかりとした睡眠時間を確保することができるということになります。

これが理想的な健康なライフスタイルを取り戻してくれるきっかけとなりますので、うれしい効果を期待することができます。

オナ禁を成功させるコツとは

テストステロンの血中濃度を保つこと

オナ禁 コツ

テストステロンという名前を耳にした事はあると思います。男性ホルモンの一種なのですが、これが不足すると男性機能が衰えてきます。

勃起や射精といったオナニーの一連の行為を行うとテストステロンは著しく減少します。

減少すると、精力減退や薄毛の危険性も高まりますので、オナ禁で体内のテストステロンの量を調整する事が、常に男性的魅力を維持する成功のコツと言えるでしょう。

食品やサプリでも男性ホルモンは補うことが出来ますので、それも有効です。

誘惑を排除する

オナ禁 コツ

オナ禁を成功させるコツは身の回りから誘惑を排除してオナニーをしなくても良いようにすることです。

画像や映像など全てのアダルトコンテンツを遮断し、性的欲求を高めるような妄想も控えます。

スマートフォンを開けば自由にアダルトサイトにアクセスできる便利な時代ですが、オナ禁を成功させるためには便利な道具の使用も減らす必要があります。

射精しなければ良いと勝手な解釈をして、チラッとアダルトサイトを覗いただけでもリセットされる可能性が高いです。

性欲というものは理性や意思で抑えられない部分を持っているため、オナ禁中に性欲を刺激する者を目の前にすると興奮して今までの努力が無駄になります。

よってあらゆる接触を排除し誘惑との抗えない戦いを避けます。

オナ禁のベストなサイクルとは?日数や期間とは?

オナ禁 サイクル

オナ禁は7日間のサイクルで実践するのが一番良いそうです。

それはオナ禁してからの日数は7日で活性テストステロンが増えるということが実験で証明されているそうです。

その8日目には6日め以前の状態に低下しているという実験結果があります。

8日目に一旦射精をすることでリセットした場合と、リセットせずに継続した場合ではリセットした方は7日目に最高潮に達し、8日目には元に戻っているという結果が見られました。

一方リセットをしなかったグループは16日間の実験終了日までテストステロンの動きはなかったという結果が出ています。

その結果7日間という期間オナ禁をにして8日目に射精を繰り返すというサイクルがベストだと言えます。

オナ禁をリセットする基準とは?

オナ禁 リセット

オナ禁がリセットされる基準は明確に決まっていませんが、性欲を駆り立てる物を見た時点でリセットとしたほうが良いでしょう。

対象はサイトや画像だけでなく、町中で性欲をわき立たせる女性を見たらアウトということです。それぐらいしなければオナ禁は達成されません。

そういう気分になってしまったら、夢精するリスクもあります。

夢精はカウントしないと考える人もいますが、夢を見るのはそういう考えが根底にあるからであって、それを無視してしまったとしても、オナ禁の効果はありません。

重要なのはオナ禁ではなく性欲を煽るものを禁止することであり、性欲を煽る全ての物を徹底的に排除する必要があるのです。

性欲が煽られたら、その時点でリセットしなければならないのです。




早漏改善に役に立つオナニーの方法とは?

早漏改善

セックスの最中に挿入してからすぐに射精してしまうため、女性を満足させられない。早漏は男性にとって深刻な悩みです。
しかしながら、普段のオナニーで改善が期待ですます。

では、早漏に効果的なオナニーのやり方ですが、まずはやってはいけないのは早漏を悪化させるオナニーです。
ひとつめはすぐに射精しようとするやり方です。思春期の頃、親に見つからないようにそそくさと射精しまう癖がついてしまっている、セックスと違い単なる性欲処理のごとくさっさと終わらせてしまう、そのような方法でペニスをいじっていると早く射精する癖がついてしまいます。

他にもペニスを皮の上からしごく方法は直接、亀頭が刺激されないので、オナニーで亀頭を鍛えることができません。その結果、セックス中の亀頭への刺激に耐えられずすぐに射精してしまう原因となります。
これらのことから、普段から早く射精しないことと亀頭を刺激に慣れさせることを心がければ早漏を改善する効果が見込めるといえます。

まず、早く射精しないやり方ですが、ペニスをしごいていて射精しそうになったら手を止めて、射精するのを我慢しましょう。この時、下腹部を奥に引っ込めるように力を入れるとお尻の穴の前側の筋肉に力を入れると効果的です。しかしながらあまりやりすぎると精液が膀胱に逆流する原因となりますので、注意しましょう。また、あまり射精寸前までしごき続けると射精を止めようとしても間に合わないことがありますので、ある程度前もって止める意識が大切です。

次に亀頭を刺激に慣れさせる方法ですが、これは普段からペニスを上下にしごくよりも亀頭を重点的にいじるようにすることです。なお、亀頭は皮膚が薄く、乾いた手でいじりすぎると皮膚がこすれて出血するなどしてしまう場合がありますので、ローションや石鹸などを使うようにしましょう。また、長い間いじりすぎるのも出血の原因になります。

しかし、自分の手と女性の膣内では感触が全く違います。オナホールは膣内を模して造られているので、オナホールを使って膣内の感覚に慣れておくことも効果的と言えるでしょう。
これらの方法をミックスして、普段のオナニーから少しずつ射精時間が延びるように心がけましょう。しかしながら、早漏はこれらの方法を試してみても、ただちに改善されるのは稀です。また、勃起や射精は男性の精神面と大きくかかわっていますので、あまり焦って改善を期待してしまうことは症状を悪化させたり、EDなどの原因となってしまう場合もあります。




PC筋を鍛えて勃起力アップを目指すためのトレーニング

PC筋 トレーニング

PC筋とは、肛門の前後に位置する4つの筋肉(深会陰横筋、尿道括約筋、肛門挙筋、尾骨筋)の総称です。これらの筋肉は尿道や肛門を開閉させることによって排泄をコントロールする役割を担っています。さらに男性の場合、勃起の際に男性器の海綿体に集まった血液をとどめておく役割も果たしています。つまりPC筋は男性器の勃起にも深く関わっているのです。ですからこの筋肉を鍛えることによって、勃起力の改善や勃起持続力の向上、早漏改善、射精力向上、さらには快感向上など、男性に嬉しい数々の効果が期待できます。そこで今回はPC筋を鍛えて勃起力アップを目指すためのトレーニング5選と題して、効果的な鍛え方をご紹介していきます。

・その1「肛門開閉」

肛門を5秒間閉めた状態をキープしたのち5秒間緩める、という動作を繰り返すトレーニングです。10回を1セットにして一日4セット(朝、昼、夕、就寝前)を継続的に行ってください。

・その2「ヒップリフト」

仰向けに寝転がって膝を立て、お尻を上げるというトレーニングです。頭から膝までが一直線になるよう、背中も浮かせます。さらに息を吸いながら肛門を閉め、ゆっくりと吐き出しながら最初の姿勢に戻るという風に肛門開閉の動作も取り入れることで、より高い効果を得られます。

・その3「男性器でタオルを持ち上げる」

濡らしたタオル(タオルハンカチ)を男性器に乗せ、勃起によってタオルを持ち上げるトレーニングです。持ち上げた状態を10秒間持続させたのち、ゆっくりと下すという動作を5セット行います。

・その4「おしっこを途中で止める」

これはPC筋を鍛える効果は無くはないですが、おしっこが逆流して尿路感染症を引き起こすなどのリスクがあるため、日常的に行うには不向きかもしれません。ですがPC筋の働きを実感するには手っ取り早い方法です。

・その5「シシースクワット」

これは最初のうちは特にバランスをとるのが難しいので、何かにつかまった状態で行ってください。ます、つま先はまっすぐ、足は肩幅に広げます。この状態から両ひざを曲げながら上半身を後ろに反らしていき、腰を前方に突き出していきます。この時、同時にかかとを上げるようにします。太もも前面への負荷を感じながら両ひざを90度前後まで曲げていき、限界を感じたところで5秒間静止、そのあとはゆっくりと元の姿勢に戻ります。10~15回を1セットとして、一日3セット行うのが目安です。ですが、かなりハードなトレーニングなので、最初のうちは無理をせず自分のペースで続けられるようにしてください。




バリテインの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談

バリテイン

バリテインを購入しようと思ったきっかけは、サイズアップに成功したという体験談を見たことです。

その体験談は何とと39歳の男性によるもので、これなら自分にも効果を期待できるのではないかと感じたのです。

そこで、早速注文することにしました。ちなみに、セットで買うと値段が安くなるというサービスが用意されていたのですが、効果がなかった時のことも考えて単品で購入しました。

なお、バリテインを飲んでまず感じたのはお腹の調子が良くなったという効果です。

それまでは、毎日お酒を飲むということもあり常に下痢気味だったのですが、バリテインを飲むようになってからしっかりとした便が出るようになりました。

これにより、毎日スッキリした気分で過ごせるようになったので、精神的にも健康になりました。

一方、体験談に書かれていた様なペニスの増大や性機能の向上などの効果を実感することは出来ませんでした。

これらは、もう少し続けて使用すれば実感できるのかもしれなかったのですが、経済的な負担がかなり大きいということもあり、最初に購入した分を飲み終わった時点で服用を止めることにしました。

このために、自分にとってバリテインは、少し残念な結果に終わってしまったという感じです。




ヴォルスタービヨンドの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談

ヴォルスタービヨンド

口コミや体験談でも人気のヴォルスタービヨンドは、L-シトルリンやL-アルギニンなど男性の下半身対策に欠かすことのできない成分が豊富に含まれています。

この他にも亜鉛やジオパワー15、バイオペリンなど積極的に摂取したい成分が豊富です。

普段の食生活では、効率よく身体に補うことができない成分となっているので、短期間で性欲アップや増大効果を実感したい方におすすめです。

ヴォルスタービヨンドを実際に試した方の体験談をチェックしてみると初めてでも安心して購入できたという感想が多く寄せられていることがわかります。

初めてヴォルスタービヨンドを購入する方にも自信を持っておすすめできる理由は、男性機能回復に嬉しい効果をもたらしてくれる優秀な成分が配合されているという点だけではありません。

初回購入者様限定で30日間の返金保証サービスが用意されています。

もし実際に試してみて効果を実感することができなければ全額返金してもらうことが可能なので、安心して試すことができるでしょう。

この他にもヴォルスタービヨンドが多くの方から人気の理由として年代を問わず摂取できる点が挙げられます。

体験談の中には、高齢の方にも愛飲者が多くおり、嬉しい効果を実感されています。

⇒精力剤おすすめランキングはコチラから

「ヴォルスタービヨンドの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談」の続きを読む…

クラチャイダムゴールドって効果ある?1か月間継続して飲んでみた感想

クラチャイダムゴールド

40歳を過ぎたあたりから年々疲れが抜けにくくなり、仕事やプライベートに支障をきたすようになりました。

何か良い方法はないのかと漠然と探していた時に見つけたのが、クラチャイダムゴールドというサプリメントです。

あのマカ以上の効果を期待できるという文言や公式サイトに掲載されていた利用者の感想に魅力を感じたので、思い切って購入することにしました。

なお、定期コースの方が安かったのですが、とりあえず1ヶ月使ってみてから考えようと思ったので通常コースを選択しました。

ちなみに、クラチャイダムゴールドが届いたのは注文してから丁度1週間で、他の商品と比べると少し遅いと感じました。

さて、実際にクラチャイダムゴールドを飲んでみた感想はというと、最初の内は何も効果を感じなかったのですが、2週間ほど経過したあたりから朝スッキリ起きられるようになるという変化を実感しました。

さらに、精子の数も増えたようで射精した時の快感がそれまでよりも大きくなりました。これは良いと感じたので、1ヶ月が経過する前に定期コースに申し込むことにしました。

このように、自分の場合はクラチャイダムゴールドを飲んでみて1ヶ月が経過する前に効果を実感したので、上手く定期コースに切り替えることが出来ました。

効果と共に経済的にも損をしなかったので、購入の仕方についても良かったというのが正直な感想です。




ヴィトックスαって効果ある?1か月間継続して飲んでみた感想

ヴィトックスα

ヴィトックスαを購入したのは、実際に飲んでみた人の感想が記されている口コミを見た結果、増大効果を期待できると思ったからです。

少し高いと感じたのですがまとめ買いすればおまけがついてくるので何とかなるような気がしました。

それよりも長年のコンプレックスを何とかしたいという気持ちが先に立ったので、ヴィトックスαを注文することにしたのです。

ただし、いきなりまとめ買いすると効果がなかった場合に全て無駄になってしまうということで、まずは1ヶ月使用してみようと思い通常購入することにしました。

ちなみに、注文してから3日程度で手元に届けられたので、すぐにスタートすることが出来ました。

なお、ヴィトックスαを実際に飲んでみた感想はというと、1ヶ月という短い期間では残念なことにサイズアップを実現することは出来ませんでした。

ただし、射精した時の快感が大きくなるなど様々な効果を実感したので、もうしばらくは続けようと思い、一番お得なセットを購入することにしました。

つまり、サイズアップ以外の部分に関しては良い感想を持ち、少なからず手ごたえを感じたということです。あと、1ヶ月~2ヶ月程度続けていけば希望が叶うような予感があります。




ゼノファーEXの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談

ゼノファーEX

下半身のコンプレックスを解消するため彼女に内緒でゼノファーEXを購入して実際に飲んでみた体験談です。

年齢こそまだ20代ですがスムーズな勃起力や持続力がなくなっていくのを実感するようになり、かなり危機感を覚えるようになりました。

しかし彼女はもちろんのこと友人に対しても性の悩みについて相談することもできずインターネットから解決法やそれぞれの体験談を読んではさらに悩む毎日でした。

そんなとき偶然ゼノファーEXについて知りその効果の素晴らしさにぜひ試してみたいと思い購入することにしました。

実際の体験談にも服用する前と比べて自然に勃起するようになったや効果が長時間持続するようになったなどの声が多数ありかなり期待していました。

そうして毎日ゼノファーEXを欠かさずに3錠服用してから一週間が経過した頃、下半身がムズムズするようになりいつにも増して性欲が高まっているのを感じました。

さらに購入してから1ヶ月が経つ頃には下半身の大きさも1cm程度は大きくなっていてびっくりしました。

心配だった副作用の出現もなく安心して飲み続けることができ効果も確かなことで、再び男性としての自信を取り戻すことができるようになりました。

あれほど悩んでいたことがゼノファーEXに出会って解決でき本当に良かったです。




40代男性に多いEDの原因とは?知っておきたい3つの対策

40代 ED

30代のころは元気だったという男性も40代になるとEDが気になるケースが少なくありません。体力の低下によって持続力を維持できないことが原因だと思われていますが、一般的には血行不良とストレスが影響しています。40代は生活習慣病のリスクが高くなる年代で、動脈硬化が進行しやすいです。血液がドロドロになると下半身が性欲に連動するように立たなくなりますし、立ちも弱くなってしまいます。中折れの原因にもなるので、生活習慣病を予防することが大切です。40代はストレスが溜まりやすい年代でもあるので、ストレス解消がED対策として効果的です。40代のED対策には次の3つの方法があるので実践してください。

動脈硬化を予防して血行促進をすることは、EDの最大の対策と言えるでしょう。30代~40代になるとEDの発症率が高くなるのは血液が血中脂質で汚れることが関係しています。代謝機能が低下してくる年齢なので、今までと同じ食事内容であっても太りやすくなります。EDの原因を取り除くことが最大の対策となるため、血液サラサラ素材を多く取り入れることが大切です。野菜や海藻類・魚介類などはサラサラ素材ですし、黒酢やりんご酢もおすすめです。あとは無理をしない範囲で運動をして代謝を高めていくことも大切となります。

ストレス対策はとにかく休息を取ることが最大の方法ですから、就寝時間を増やすことから始めてみましょう。1日に6~7時間の睡眠があれば十分という方はいますが、理想は8~9時間くらいです。睡眠に勝るストレス解消法はないので、少し多めに眠るように心がけてください。睡眠は脳を休ませる行為であり、肉体だけでなく心の疲労も解消してくれます。睡眠不足による身体への負担は少しずつ蓄積していき、EDの原因となるので注意してください。

40代からのEDの原因としては薬の影響もあり、精神疾患の治療薬を服用している方は注意が必要です。こうした症状は一時的なものであり、薬の服用をやめることで元の勃起力を取り戻せるでしょう。薬を服用していないのに勃起力が減退していく場合は血行不良とストレスを中心に対策してください。体質は年々衰えていくのが当たり前なので、徐々に勃起力が減退していくのは仕方ありません。大切なのは年齢相応の勃起力を維持することであり、規則正しい生活を維持して体調を万全に保っておけば50代になってもED治療薬に頼ることなく性生活を楽しめるはずです。




30代男性がEDになる代表的な原因とは?改善方法を解説

30代 ED

加齢とともにEDになる確率は高まりますが、最近では20代・30代・40代の患者も多く、EDになるのに年齢はあまり関係がないとも言われています。実際に若い世代である30代の男性では、EDの可能性ある人も含めて約半数が悩んでいるようです。

EDになる原因には、「心因性」「器質性」「混合型」「薬剤性」の4つに分けることができます。

心因性EDは、ストレスや不安などの精神的な原因で発生します。
性行為に対する緊張、あせり、無知、身体へのコンプレックスなどの他に、過去にパートナーの女性にバカにされた経験があると言葉の衝撃で勃起不全になることがあります。また、日常生活での経済的困窮、家庭内不和、失恋、職場トラブル、事故や災難など精神的に大きなストレスがかかることで誘発されることもあります。
基本的にはストレスの元を解消することで改善されますが、中には幼児期の体験などが原因になっている深層心因もあるので、原因究明に時間を要し、治療が難しいケースも少なくはないようです。

器質性EDは、身体に何かしらの障害があり、物理的な原因で発生します。
分類すると、糖尿病や高血圧などによる血管障害、脳外傷やアルツハイマーなどによる神経障害、加齢や生活習慣で男性ホルモンの低下による内部分泌機能低下があげられます。疾患によっては、血管障害と神経障害の両方を引き起こすこともあるでしょう。

混合型EDは、器質性から心因性を誘発して発症します。
この場合は複数の原因があるので改善に時間がかかるとされています。ただ、器質性による勃起不全がストレスを引き起こすと考えられているので、器質性EDを改善させることで自然と心因性EDも解消されることが多いと考えられています。そのため改善には原因となる障害の治療が優先です。

薬剤性EDは神経や循環器系などに作用する薬の服用が原因で発生します。
例解熱・消炎鎮痛剤、抗うつ薬、降圧剤などがあります。服薬を止めれば改善されますが、勝手にやめるわけにはいかないので医師に相談が必要です。

30代の若い世代に関して言うと、全く勃起しないケースだけではなく状態維持ができない、硬さが不十分、時々勃起できないなどの経験者数はかなりいて、その原因は心因性EDのケースが多いといいます。
30代は仕事の責任や結婚など環境の変化が大きい年代なのでストレスを抱え込みやすくなっています。すると不摂生な生活になり生活習慣病を引き起こす可能性も出てくるでしょう。
そうなる前にED治療薬で勃起を補助しながら、ストレスを軽減させていく必要があります。まだまだこれからの30代、早めに治療を開始してください。