精力減退の3つの原因とは?その改善策も解説

精力減退 原因

精力減退の3つの原因ですがまずは加齢が挙げられます。精力が維持されるためには様々なことが必要です。たとえば血管が健康であり血流がスムーズであること、男性ホルモンが正しく分泌されていることなどです。こうしたことはしかし年齢を重ねることで、少しずつ低下していきます。血管の場合、それまでの不摂生などによりダメージが出やすくなり、それにより血流が滞りやすくなると言った具合です。男性ホルモンの場合は、年齢を重ねることでその分泌量は減少していきます。よって年齢を重ねるとこうしたことを原因として精力減退は起こりやすくなると言えます。

ただこうした原因は必ずしも年齢を重ねたからと言って出てくるわけではありません。それまでの生活習慣が大きくものを言うと言う側面もありますから、改善策としては若い頃から自分の体の状態に気を使うことが第一です。また年齢を重ねたからと言ってそれを言い訳にせず、生活習慣に配慮することが状態や精力減退の改善につながると期待できます。それからふたつめですが、ストレスです。ストレスは自律神経を乱れさせる大きな原因であり、精力減退に自律神経は深く関係しています。

更に自律神経が調節されている部分と言うのは、男性ホルモンの分泌を司っている部分とひじょうに近い位置にあると言われています。そのため自律神経が乱れるとその影響を受けて男性ホルモンの分泌にも、悪影響が出やすくなると考えられます。精力減退と男性ホルモンの分泌量と言うのは切っても切り離せない関係にあるので、このような原因を防ぐためにはストレスを軽減し自律神経の働きを守ることが求められます。現代社会においてストレスを全く感じないと言うのは難しいことです。

ただしそれを感じても、速やかに上手に解消することができれば自律神経への影響も緩和できます。ですから改善策としては、自分なりのストレス解消法を見つけておくことが挙げられます。そして最後は食事内容の乱れです。たとえば脂肪分が多い食事ばかり食べていると、血中の脂肪も多くなるため血流としては滞りやすく、どろどろとした状態になりやすくなります。このような状態では精力維持のために必要な循環も起こりにくくなるため、精力減退が発生しやすいと考えられます。

これを改善するためには、とにかくバランスのとれた食事を食べることがいちばんです。脂肪分が悪いと言うことではなく、そればかりに偏っていると良くないと言うことです。肉と魚、野菜や海藻類などをバランスよく摂取するようにすると、体の状態を改善することにつながると考えられます。脂肪分でも、青魚などに多く含まれているDHA、EPAは血中コレステロールを抑制し、血流を促進させる作用が期待できるので精力減退にも効果的です。また亜鉛には男性ホルモンの分泌に働きかける作用があると言われているので、気になる方はこれが多く含まれている食品も意識的に摂取するのが望ましいです。

そして重要なのは、ここまでに書いてきた改善策は、1日や2日、行うだけで良いと言うものではないと言うことです。体に働きかけを行うためには継続することが何よりですから、その点は留意しておく必要があります。



コメントを残す