30代男性がEDになる代表的な原因とは?改善方法を解説

30代 ED

加齢とともにEDになる確率は高まりますが、最近では20代・30代・40代の患者も多く、EDになるのに年齢はあまり関係がないとも言われています。実際に若い世代である30代の男性では、EDの可能性ある人も含めて約半数が悩んでいるようです。

EDになる原因には、「心因性」「器質性」「混合型」「薬剤性」の4つに分けることができます。

心因性EDは、ストレスや不安などの精神的な原因で発生します。
性行為に対する緊張、あせり、無知、身体へのコンプレックスなどの他に、過去にパートナーの女性にバカにされた経験があると言葉の衝撃で勃起不全になることがあります。また、日常生活での経済的困窮、家庭内不和、失恋、職場トラブル、事故や災難など精神的に大きなストレスがかかることで誘発されることもあります。
基本的にはストレスの元を解消することで改善されますが、中には幼児期の体験などが原因になっている深層心因もあるので、原因究明に時間を要し、治療が難しいケースも少なくはないようです。

器質性EDは、身体に何かしらの障害があり、物理的な原因で発生します。
分類すると、糖尿病や高血圧などによる血管障害、脳外傷やアルツハイマーなどによる神経障害、加齢や生活習慣で男性ホルモンの低下による内部分泌機能低下があげられます。疾患によっては、血管障害と神経障害の両方を引き起こすこともあるでしょう。

混合型EDは、器質性から心因性を誘発して発症します。
この場合は複数の原因があるので改善に時間がかかるとされています。ただ、器質性による勃起不全がストレスを引き起こすと考えられているので、器質性EDを改善させることで自然と心因性EDも解消されることが多いと考えられています。そのため改善には原因となる障害の治療が優先です。

薬剤性EDは神経や循環器系などに作用する薬の服用が原因で発生します。
例解熱・消炎鎮痛剤、抗うつ薬、降圧剤などがあります。服薬を止めれば改善されますが、勝手にやめるわけにはいかないので医師に相談が必要です。

30代の若い世代に関して言うと、全く勃起しないケースだけではなく状態維持ができない、硬さが不十分、時々勃起できないなどの経験者数はかなりいて、その原因は心因性EDのケースが多いといいます。
30代は仕事の責任や結婚など環境の変化が大きい年代なのでストレスを抱え込みやすくなっています。すると不摂生な生活になり生活習慣病を引き起こす可能性も出てくるでしょう。
そうなる前にED治療薬で勃起を補助しながら、ストレスを軽減させていく必要があります。まだまだこれからの30代、早めに治療を開始してください。




コメントを残す