嫁や彼女に性欲が湧かない、勃起しない原因と対策

性欲が湧かない 妻 彼女

長い間連れ添った彼女や嫁に性欲が湧かない、勃起しないという男性は少なくありません。

男性は本能的に子孫を残そうとするために不特定多数の女性に対して、性的な欲求を感じる。そんなこともよく聞きますので、男性が一人の女性に性欲を持ち続けることは難しいのかもしれません。

しかしながら、少なくとも現在の日本では彼女や嫁がいながら、他の女性とセックスをするのは決して褒められたことではありません。

それでは嫁や彼女に性的な興味を持ち続けるにはどうすればよいのでしょうか。

まず、特定のパートナーにのみ性的な魅力を感じない、勃起しないというのは精神的な原因であることがほとんどです。中でも最も大きな理由は、ずばり「マンネリ」です。

いつもと同じシチュエーションで、同じパターンのセックス。次にどのような展開になるかあらかじめ想像がつきますので、これから起こることにわくわくやどきどきといった良い意味での緊張がなくなります。このような良い緊張感は性欲にも繋がりますので、すなわち性欲も抱かなくなってしまいます。

また、男性や女性よりも視覚で性的な興奮を感じやすいと言われていますが、特定の相手とのセックスですと視覚の観点からもマンネリ状態に陥りやすいといえます。

ですから、このマンネリ状態を打破することが大切となりますので、セックスするシチュエーションを変えてみる、前戯から挿入までの流れが体位など、これまでと少しセックスの内容を変えてみる。セックスの最中の女性の下着などに気を遣ってもらうなど、様々な対策が考えられます。

しかし、問題はここからです。嫁や彼女に性欲が湧かない、勃起しない原因はマンネリだから、そのマンネリを打破しようというのは多くの人が感じているのですが、これはひとりでは解決できない問題ですのでパートナーの協力も不可欠です。

男女の考え方による差はあれ、男性がパートナーに性欲が湧かないのであれば、大抵の場合は少なからずパートナーも同じような思いを抱いていることが多いものです。

パートナーに対してたまにはセクシーな下着をつけてほしいと思うのであれば、まず男性もムダ毛など自分の身だしなみを清潔にすることなどを心がけてみましょう。いつもと違う前戯を求めるのであればまず男性から始めてみましょう。いつもとは違う展開でのセックスや前戯を求めているのであれば、まず自分からしてみましょう。

こういう気持ちこそが、嫁や彼女と満足できる性生活を続けていく一番の秘訣かもしれません。



レビトラとは?知っておきたいレビトラを飲むメリットとデメリット

レビトラ メリット デメリット

レビトラとは、ED(勃起障害)治療薬です。日本で承認されているED治療薬は3つあり、世界初のED治療薬として有名なバイアグラに次いで2番目に日本で承認を受けました。

2004年に承認され、ドイツのバイエル社から発売されています。バイアグラが「狭心症薬を開発していて偶然EDに効果があるとわかった薬」であるのに対して、レビトラは「最初からED治療のために開発した薬」です。なので当然バイアグラの欠点を解消し、効果が現れやすくなるように、また飲みやすくなるように開発されている薬です。

主成分は塩酸バルデナフィル水和物という物質で、これが血中でバルデナフィルになると勃起を阻害する酵素PDE-5を阻害する働きを示し、ED治療薬といての機能を果たします。

それでは、レビトラを飲むことのメリットとデメリットについて、解説していきます。

・メリット
3種類あるED治療薬の中からレビトラを選択するメリットは、即効性です。

有効成分のバルデナフィルは非常に水に溶けやすく、バイアグラより早く効果が表れます。

最高血中濃度に到達する時間は45分、効果自体は10~30分で現れるとされています。

3つ目のED治療薬であるシアリスは、逆に遅効性で効果が持続します。また、バイアグラの弱点であった「成分の吸収率が食事の影響を受ける」という点が解消されており、服用時に食事量を気にする必要がないという点もメリットです。(効果が現れづらい場合、食前に服用した方が効果が出やすくなります。)

・デメリット
レビトラのデメリットは、薬の特許(承認から15年)が切れていないため正式なジェネリック医薬品が販売されておらず、薬価が高いことです。バイアグラは2014年に特許が切れたためジェネリック医薬品が出回っています。

また、重篤な副作用は報告されていませんが、比較的軽度な副作用として以下が知られています。

・顔のほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻づまり

これらは主に有効成分の血管拡張作用によって起こるものであり、重大な影響を与えるものではありません。

また、当然ですが既に罹患している病気や服用中の薬によっては、服用ができないケースがあります。例えば、肝機能障害、腎機能障害、脳梗塞の既往、低血圧、抗不整脈薬の投薬中などです。

いかがでしたでしょうか。男性機能を取り戻したい、自信を失いたくないという方のED治療薬選択の参考に、少しでもお役に立てれば幸いです。