テストステンが増えるとモテ効果があるって嘘?本当?

テストステロン モテる

テストステロンとは男性ホルモンの一種であり、分泌量が増えると、骨格や筋肉が増大し、闘争心や判断力、記憶力が増すといった効果がもたらされます。このような効果から、この男性ホルモンを増やせばモテるという説があります。

インターネット上では、この節は正しいする説や嘘だと主張する説が見られますが、どうやら本当とする説が有力なようです。以下では、その理由について迫ります。

この説が本当だとする根拠のひとつに、この男性ホルモンは男性らしい外見を作り上げることができるからとする考え方があります。男性が女性を見るときに外見をよくチェックするように、女性も男性の見た目を必ずチェックしています。

筋肉質な体と男性らしい顔つきは、女性に対する大きなアピールとなります。女性は本能的に、頼れる男性に守られたいという欲求を持っています。したがって、男性らしい風貌は、間違いなくモテる要因のひとつになります。

さらに、この説が正しいとする根拠に、テストステロンの高い男性は仕事ができる傾向があるからとする考え方も有力視されています。

冒頭でも述べたとおり、この男性ホルモンは、闘争心や判断力、記憶力を高める効果があります。これらの能力は、仕事を行ううえで大きな武器となります。闘争心は、仕事が困難にぶち当たった場合でも、乗り切ろうをするパワーになります。恐怖やプレッシャーに打ち勝つ原動力にもなります。

また、判断力は、役職者や部下を統率する立場にある方にとって、必要不可欠な能力です。記憶力が冴えると、会社の上司や部下からの信頼を勝ち得ることができます。こうしたパワーは、たとえ小さな失敗を乗り越え、より大きな成功を収めることができることにつながるのです。

そして、仕事ができる男性は、女性から注目されるようになることは間違いありません。

この他にも、テストステロンは女性を惹きつけるフェロモンとしての機能があるとする説があります。世の中には外見はそれほど良くないのに、なぜか魅力的に見える人がたくさんいます。通称モテフェロモンとも呼ばれるこの男性ホルモンには、女性を惹きつけるパワーがあるのです。

さらには、テストステロンは男性の性欲を高める効果があるため、女性に積極的になれることもモテ効果の根拠の一つにカウントできるでしょう。

このように、さまざまなアプローチから、テストステロンが増えるとモテるという説は展開されています。そして、どの考え方にも説得力があります。なお、この男性ホルモンを増やすための方法は、オナ禁に取り組む、筋トレをする、十分な睡眠と食事をしっかり取ることなどが推奨されています。



EDを勃起薬なしで自力で改善させることは可能なのか?

ED 自力

勃起薬を服用することなくEDを改善させることは可能ですが、それほど重症化していない症状に限定されます。

ちょっと立ちが悪いと感じる程度なら自力改善が可能ですが、明らかにEDとわかる状態まで悪化している場合は医療機関での治療が必要でしょう。

医療機関では勃起薬と生活改善をメインに治療をしていき、動脈硬化の進行を抑えることに重点を置きます。動脈硬化と勃起不全は比例関係にあり、血流がドロドロになると勃起力が減退しやすいです。

そのためサラサラ血液に近づけていくために生活を見直すことから始めていきます。

動脈硬化は年齢とともに進行していくもので、これを完全に食い止めることはできません。

しかし遅らせることは可能であり、そのためには血流サラサラ素材をたくさん摂ることが重要となります。

玉ねぎや黒酢・にんにくなどはいずれもサラサラ素材であり、自力でEDを解消するために役立ちます。人間の身体は血液も含めて栄養から作られているので、体質改善をするには栄養素の見直しをしていく必要があるわけです。栄養バランスをベストな状態に維持しておけば、ほとんどの症状は予防することができるでしょう。

自力で解消させるためには脂肪と糖質の摂り過ぎに注意してください。

運動に関しては無理をする必要はありませんが、できる範囲で行うようにしましょう。

ほとんど運動しない方は身体の機能全般が老化しやすいため、早期の改善が必要になってきます。運動不足から勃起不全になるケースは意外と多いので、簡単な運動でもよいので週に数回は行ってください。運動時間は15~20分以上が好ましいですが、最初から無理をするのはよくありません。

少しずつ運動強度・時間を延ばしていくのがコツであり、それによって基礎代謝や心肺機能などが向上していくでしょう。

EDには心因的な要因も関係していることが多く、例えば悩み事があると立ちにくくなります。

男性のペニスはメンタルの影響をそのまま受けてしまうので、ここは十分に注意をしてください。

EDは放置しても解消することはないため、気づいたときが対策をするタイミングとなります。自力で治すためには心身のバランスを安定させることが大切なので、ストレスが溜まっている方は特に注意してください。ストレスを遠ざけるためには適度な運動が役立ちますし、早めに眠ることもポイントです。

早寝早起きを習慣にすることで、軽度の勃起不全なら解消することがあります。



精力剤でテストステロンは増えるのか?そのメカニズムとは

精力剤 テストステロン

テストステロンとは男性ホルモンの一種で、体内での大部分を占めるホルモンとなっています。主に男らしさを表すためのもので、骨や筋肉を生成したり、髪の毛やヒゲに影響を与えるなど生きるために必要な物質となっています。このテストステロンは幼少期から徐々に分泌され20代までがピークとなり、30~40代ではほとんど分泌されず減少していくことが知られています。

つまり男性としての魅力がなくなり、肉体的にも衰えていくようになるのです。ちなみにテストステロンは男性の性欲にも影響を与えるため、体内で徐々に減少していく中高年の世代では、性機能の低下も起こりやすくなります。

男らしさを失わないためにも、日頃から男性ホルモンが分泌されるよう様々な対策をとることは重要です。

特に性交渉ばかりでなく仕事にも関わる精力は大切で、筋トレや生活習慣によって分泌量を増やすようにしましょう。

また、テストステロンが体内で作られるには必要な栄養素があり、主にコレステロールから複数の過程を経て生成されます。

動脈硬化や心臓病といった悪い印象のあるコレステロールですが、全てが悪いというわけでなく、体に必要な要素にもなることを理解しておくと良いでしょう。

また、良質なコレステロールと共に、アミノ酸やビタミン、ミネラルといった栄養素も必要になります。

特に亜鉛はセックスミネラルとも呼ばれ、精子の生成にも関わる重要なミネラルで、日本人には不足しがちなものです。

これを重点的に摂取することで、精力および性欲の改善も期待できます。また、アミノ酸の中では筋肉や骨の生成に必要なアルギニンが代表的で、同時にビタミンやミネラルと摂取するとより効果が出ると言われています。

ちなみに、男性ホルモンは酸化ストレスに非常に弱いという性質があり、活性酸素や抗酸化物質のバランスが崩れると分泌量が減少してしまいます。

精力剤に含まれるミネラルの中には、セレンといった抗酸化作用に重要な役割を担うものも含まれます。

こうした成分がまとめて配合されているのが精力剤の強みとなっており、定期的に摂取することでテストステロンを増やすきっかけになります。男性ホルモンを増やしたい、精力が衰えてきたなと感じたら、コンビニやドラッグストア、ネットショッピングなどで精力剤を購入すると良いかもしれません。

その際にはアミノ酸やミネラル、ビタミンといった成分がどれだけ配合されているか、必要な成分が含まれているかなどしっかり確認して購入しましょう。



タバコやお酒はED(勃起不全)になるって本当?原因と対策

タバコ お酒 ED

EDとは、男性の勃起不全のことをいいます。勃起するのに時間がかかってしまったり、勃起をしても維持ができないなどの満足のいく性行為を行えない状態のことです。

そんな勃起不全の原因は、病気や薬の副作用、精神的に性的なトラウマがある、疲れやストレスあるいは加齢などの要因によって引き起こされます。

病気や薬の副作用の場合、その病気自体を改善する必要があり、精神的な問題であればカウンセリングなどで改善していきます。
また、日常的な習慣が要因となるケースもあります。

それがタバコとお酒つまりアルコールによるものです。疲れやストレス、加齢などもそうですが、これらによって引き起こされるEDは、ほとんどの場合が陰茎周辺の血液が滞っていることで、勃起が抑制されます。

タバコは、有害物質が含まれており血管内の細胞を傷つけてしまい、血管内皮障害を引き起こします。すると血管内では、血管を拡げる効果のある一酸化窒素が減少してしまいます。一酸化窒素が減れば血管は収縮してしまい、動脈硬化を引き起こします。すると陰茎周辺も血流も悪くなっていき勃起が満足にできなくなってしまうのです。

もちろん、動脈硬化は陰茎以外にも広がるため生活習慣病を引き起こすきっかけとなります。

また、有害物質であるニコチンは末梢血管を収縮させる作用があり、それも血流を悪くする原因です。
他にもお酒もEDの原因となります。
少量のアルコールであれば、血流を良くする効果があり性行為をしやすくする効果が期待できます。しかし、飲み過ぎてしまうと脳の神経細胞に影響を及ぼします。中枢神経に作用して脳を麻痺させてしまうことで、正常な勃起できなくなってしまいます。酔った勢いで女性と行為をしようとしても勃起できないというケースはよくあります。

また、習慣的に過度のアルコールを摂取し続けると勃起ができなくなるだけではなく、男性ホルモンが低下してしまったり、睾丸萎縮などの症状も現れます。

そんな状態に対する対策としては、タバコはすぐにやめて禁煙するか、飲酒は適度な量を心がけることが大切です。

禁煙することがED治療の第一歩ともいえ、豊かな性生活をするためにもきちんと治療していくことが重要となります。一人で禁煙することが難しい場合には、禁煙外来を受診することもオススメです。

お酒は節度のある飲酒をすることが効果的です。節度ある飲酒とは1日平均20g程度のアルコールとされており、適量を守ればED予防効果が期待できます。