ヴォルスタービヨンドの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談

ヴォルスタービヨンド

口コミや体験談でも人気のヴォルスタービヨンドは、L-シトルリンやL-アルギニンなど男性の下半身対策に欠かすことのできない成分が豊富に含まれています。
この他にも亜鉛やジオパワー15、バイオペリンなど積極的に摂取したい成分が豊富です。
普段の食生活では、効率よく身体に補うことができない成分となっているので、短期間で性欲アップや増大効果を実感したい方におすすめです。
ヴォルスタービヨンドを実際に試した方の体験談をチェックしてみると初めてでも安心して購入できたという感想が多く寄せられていることがわかります。
初めてヴォルスタービヨンドを購入する方にも自信を持っておすすめできる理由は、男性機能回復に嬉しい効果をもたらしてくれる優秀な成分が配合されているという点だけではありません。
初回購入者様限定で30日間の返金保証サービスが用意されています。
もし実際に試してみて効果を実感することができなければ全額返金してもらうことが可能なので、安心して試すことができるでしょう。
この他にもヴォルスタービヨンドが多くの方から人気の理由として年代を問わず摂取できる点が挙げられます。
体験談の中には、高齢の方にも愛飲者が多くおり、嬉しい効果を実感されています。

クラチャイダムゴールドって効果ある?1か月間継続して飲んでみた感想

クラチャイダムゴールド

40歳を過ぎたあたりから年々疲れが抜けにくくなり、仕事やプライベートに支障をきたすようになりました。何か良い方法はないのかと漠然と探していた時に見つけたのが、クラチャイダムゴールドというサプリメントです。あのマカ以上の効果を期待できるという文言や公式サイトに掲載されていた利用者の感想に魅力を感じたので、思い切って購入することにしました。

なお、定期コースの方が安かったのですが、とりあえず1ヶ月使ってみてから考えようと思ったので通常コースを選択しました。ちなみに、クラチャイダムゴールドが届いたのは注文してから丁度1週間で、他の商品と比べると少し遅いと感じました。

さて、実際にクラチャイダムゴールドを飲んでみた感想はというと、最初の内は何も効果を感じなかったのですが、2週間ほど経過したあたりから朝スッキリ起きられるようになるという変化を実感しました。さらに、精子の数も増えたようで射精した時の快感がそれまでよりも大きくなりました。これは良いと感じたので、1ヶ月が経過する前に定期コースに申し込むことにしました。

このように、自分の場合はクラチャイダムゴールドを飲んでみて1ヶ月が経過する前に効果を実感したので、上手く定期コースに切り替えることが出来ました。効果と共に経済的にも損をしなかったので、購入の仕方についても良かったというのが正直な感想です。

ヴィトックスαって効果ある?1か月間継続して飲んでみた感想

ヴィトックスα

ヴィトックスαを購入したのは、実際に飲んでみた人の感想が記されている口コミを見た結果、増大効果を期待できると思ったからです。少し高いと感じたのですがまとめ買いすればおまけがついてくるので何とかなるような気がしました。それよりも長年のコンプレックスを何とかしたいという気持ちが先に立ったので、ヴィトックスαを注文することにしたのです。

ただし、いきなりまとめ買いすると効果がなかった場合に全て無駄になってしまうということで、まずは1ヶ月使用してみようと思い通常購入することにしました。ちなみに、注文してから3日程度で手元に届けられたので、すぐにスタートすることが出来ました。

なお、ヴィトックスαを実際に飲んでみた感想はというと、1ヶ月という短い期間では残念なことにサイズアップを実現することは出来ませんでした。ただし、射精した時の快感が大きくなるなど様々な効果を実感したので、もうしばらくは続けようと思い、一番お得なセットを購入することにしました。つまり、サイズアップ以外の部分に関しては良い感想を持ち、少なからず手ごたえを感じたということです。あと、1ヶ月~2ヶ月程度続けていけば希望が叶うような予感があります。

ゼノファーEXの効果を検証!購入して実際に飲んでみた体験談

ゼノファーEX

下半身のコンプレックスを解消するため彼女に内緒でゼノファーEXを購入して実際に飲んでみた体験談です。年齢こそまだ20代ですがスムーズな勃起力や持続力がなくなっていくのを実感するようになり、かなり危機感を覚えるようになりました。しかし彼女はもちろんのこと友人に対しても性の悩みについて相談することもできずインターネットから解決法やそれぞれの体験談を読んではさらに悩む毎日でした。そんなとき偶然ゼノファーEXについて知りその効果の素晴らしさにぜひ試してみたいと思い購入することにしました。実際の体験談にも服用する前と比べて自然に勃起するようになったや効果が長時間持続するようになったなどの声が多数ありかなり期待していました。そうして毎日ゼノファーEXを欠かさずに3錠服用してから一週間が経過した頃、下半身がムズムズするようになりいつにも増して性欲が高まっているのを感じました。さらに購入してから1ヶ月が経つ頃には下半身の大きさも1cm程度は大きくなっていてびっくりしました。心配だった副作用の出現もなく安心して飲み続けることができ効果も確かなことで、再び男性としての自信を取り戻すことができるようになりました。あれほど悩んでいたことがゼノファーEXに出会って解決でき本当に良かったです。

40代男性に多いEDの原因とは?知っておきたい3つの対策

40代 ED

30代のころは元気だったという男性も40代になるとEDが気になるケースが少なくありません。体力の低下によって持続力を維持できないことが原因だと思われていますが、一般的には血行不良とストレスが影響しています。40代は生活習慣病のリスクが高くなる年代で、動脈硬化が進行しやすいです。血液がドロドロになると下半身が性欲に連動するように立たなくなりますし、立ちも弱くなってしまいます。中折れの原因にもなるので、生活習慣病を予防することが大切です。40代はストレスが溜まりやすい年代でもあるので、ストレス解消がED対策として効果的です。40代のED対策には次の3つの方法があるので実践してください。

動脈硬化を予防して血行促進をすることは、EDの最大の対策と言えるでしょう。30代~40代になるとEDの発症率が高くなるのは血液が血中脂質で汚れることが関係しています。代謝機能が低下してくる年齢なので、今までと同じ食事内容であっても太りやすくなります。EDの原因を取り除くことが最大の対策となるため、血液サラサラ素材を多く取り入れることが大切です。野菜や海藻類・魚介類などはサラサラ素材ですし、黒酢やりんご酢もおすすめです。あとは無理をしない範囲で運動をして代謝を高めていくことも大切となります。

ストレス対策はとにかく休息を取ることが最大の方法ですから、就寝時間を増やすことから始めてみましょう。1日に6~7時間の睡眠があれば十分という方はいますが、理想は8~9時間くらいです。睡眠に勝るストレス解消法はないので、少し多めに眠るように心がけてください。睡眠は脳を休ませる行為であり、肉体だけでなく心の疲労も解消してくれます。睡眠不足による身体への負担は少しずつ蓄積していき、EDの原因となるので注意してください。

40代からのEDの原因としては薬の影響もあり、精神疾患の治療薬を服用している方は注意が必要です。こうした症状は一時的なものであり、薬の服用をやめることで元の勃起力を取り戻せるでしょう。薬を服用していないのに勃起力が減退していく場合は血行不良とストレスを中心に対策してください。体質は年々衰えていくのが当たり前なので、徐々に勃起力が減退していくのは仕方ありません。大切なのは年齢相応の勃起力を維持することであり、規則正しい生活を維持して体調を万全に保っておけば50代になってもED治療薬に頼ることなく性生活を楽しめるはずです。

30代男性がEDになる代表的な原因とは?改善方法を解説

30代 ED

加齢とともにEDになる確率は高まりますが、最近では20代・30代・40代の患者も多く、EDになるのに年齢はあまり関係がないとも言われています。実際に若い世代である30代の男性では、EDの可能性ある人も含めて約半数が悩んでいるようです。

EDになる原因には、「心因性」「器質性」「混合型」「薬剤性」の4つに分けることができます。

心因性EDは、ストレスや不安などの精神的な原因で発生します。
性行為に対する緊張、あせり、無知、身体へのコンプレックスなどの他に、過去にパートナーの女性にバカにされた経験があると言葉の衝撃で勃起不全になることがあります。また、日常生活での経済的困窮、家庭内不和、失恋、職場トラブル、事故や災難など精神的に大きなストレスがかかることで誘発されることもあります。
基本的にはストレスの元を解消することで改善されますが、中には幼児期の体験などが原因になっている深層心因もあるので、原因究明に時間を要し、治療が難しいケースも少なくはないようです。

器質性EDは、身体に何かしらの障害があり、物理的な原因で発生します。
分類すると、糖尿病や高血圧などによる血管障害、脳外傷やアルツハイマーなどによる神経障害、加齢や生活習慣で男性ホルモンの低下による内部分泌機能低下があげられます。疾患によっては、血管障害と神経障害の両方を引き起こすこともあるでしょう。

混合型EDは、器質性から心因性を誘発して発症します。
この場合は複数の原因があるので改善に時間がかかるとされています。ただ、器質性による勃起不全がストレスを引き起こすと考えられているので、器質性EDを改善させることで自然と心因性EDも解消されることが多いと考えられています。そのため改善には原因となる障害の治療が優先です。

薬剤性EDは神経や循環器系などに作用する薬の服用が原因で発生します。
例解熱・消炎鎮痛剤、抗うつ薬、降圧剤などがあります。服薬を止めれば改善されますが、勝手にやめるわけにはいかないので医師に相談が必要です。

30代の若い世代に関して言うと、全く勃起しないケースだけではなく状態維持ができない、硬さが不十分、時々勃起できないなどの経験者数はかなりいて、その原因は心因性EDのケースが多いといいます。
30代は仕事の責任や結婚など環境の変化が大きい年代なのでストレスを抱え込みやすくなっています。すると不摂生な生活になり生活習慣病を引き起こす可能性も出てくるでしょう。
そうなる前にED治療薬で勃起を補助しながら、ストレスを軽減させていく必要があります。まだまだこれからの30代、早めに治療を開始してください。

男性に嬉しいシトルリンの3つの効果と副作用とは

シトルリン 効果

シトルリンは、昭和5年に日本でスイカの中から発見されたアミノ酸の一種で、体内に入るとアルギニンに変換されます。また、アルギニンもシトルリンに変換されるのですが、この際に一酸化窒素窒素が生成されて血管が拡張します。これにより、血液循環が活性化するので、冷えやむくみの改善、新陳代謝の活性化などの効果が発揮されます。

なお、このようなシトルリンの効果は中高年男性の性機能の向上に有効ということから、精力剤系サプリに配合されているケースが多く見られています。ちなみに、これらの商品で謳われている主な効果は、EDの改善、ペニスの増大、精子の質の良化の3つです。

まず、1つ目のEDの改善は、シトルリンによる血管拡張作用が陰茎部に及ぶことにより、血流量が増加するためです。このような仕組みは、バイアグラやCialisなどのED治療薬と同じです。ただし、シトルリンの場合は陰茎部だけに作用するわけではないので、その効果はかなり軽めです。一方、身体に大きな負担をかけるようなことはないので、EDを改善する代わりに副作用が発生するという心配はありません。

次に、2つ目のペニスのサイズを増大するという効果は近年特に大きく注目されており、この部分をセンセーショナルな言葉で謳った商品が多数提供されています。なお、このような効果がシトルリンに期待できる理由は、陰茎部への血流量が増加すすることにより栄養素が円滑に供給されるからです。

ただし、このようなシトルリンによるペニスのサイズを増大させるという効果は良質なエビデンスがあるわけではないので、必ず発揮されるというわけではありません。このために、このような効果を謳っている商品の大部分は、「男性の自信を取り戻す」や「BIGになる」など派手な言葉を使っている一方で抽象的な表現にとどめています。

3つめの精子の質の良化は、体内でアルギニンに変化することによるものです。アルギニンは、男性ホルモンの分泌を活性化する効果を発揮するうえに、精液の材料の80%を占めています。つまり、精子の生成をサポートすると共に、その材料として使用されるという役割を担っているのです。

このように、シトルリンには男性の性機能をサポートする様々な有効性を期待できるのですが、精力剤系の商品に多く配合されているのはこの様な効果によるものだけではなく、過剰摂取による副作用が報告されていないという安全性の高さも関係しています。このために、1000㎎など食品から摂取するのは難しいレベルの量を配合している商品も提供されています。このような量を摂取しても余分な部分は体外に排出されるので、副作用の心配は基本的にはありません。

ただし、副作用の危険が危険がないというのは健康的な状態で摂取した場合のことで、肝機能が低下しているような場合に服用した場合は思わぬ事態が発生するかもしれません。また、アレルギー症状を引き起こす確率も0%ではないので、副作用がないからといって常に安全ではないということを念頭に置くのが適当です。このために、シトルリン配合の男性用サプリを病気を患っているような時に使用する場合は、医師に相談するのが賢明です。

男性に嬉しいアルギニンの3つの効果と副作用とは

アルギニン 効果

精力剤や栄養ドリンクに含まれていることの多い準必須アミノ酸のアルギニンですが、これはやはり体に元気を取り戻す効果が期待される成分だからです。加齢と共に体力が落ちていくのは仕方ない側面がありますが、実は体内でのアルギニン合成の能力が落ちることも関係しているからで、また特に男性にとってはほぼ必須といってよい位の重要な働きがありますから、副作用も含めて再確認して今後の健康生活の維持に役立てていきましょう。

アルギニンを摂取すると体内で分泌されたアンモニアを尿素に変換させて体外へ排出することを促すのですが、実はこのアンモニアとは体が代謝や消化などを行うと発生する物質であり、疲れた時には肝臓などの処理が間に合わず血中に溶け込んで脳に行き届いてしまいます。そうなると体に負荷がかかっていると察知、各部位に指令を出して休むような信号、つまり疲れを感じることになるのです。若い男性なら体力も旺盛ですしちょっとした疲れは大丈夫ですが、一定年齢以上の男性は常に疲れていると感じやすいものです。つまりアルギニンを効率的に摂取していくと疲労回復効果を実感できるようになるのです。

またアルギニンには免疫力を高める効果も存在しており、摂取することで風邪や病気になりにくい体を目指せます。青年から中年にかけての男性は体力が低下することと反比例するかたちで会社内で重要な仕事を任されるようになりますし、弱っている時や疲れている時だけでなく日常的に服用するのも良い習慣と言えるでしょう。

そしてアルギニンの特に大きな魅力となるのが男性機能の向上を図れることです。精力剤にも含まれているのはやはり性機能の強化、回復効果があるからで、具合的には環状グアノシン一リン酸への働き、血流の改善を行うことによって勃起力の向上や持続力も高めることができるのです。精液の主成分はアルギニンと亜鉛ですし、男性側に問題がある不妊にも大きな効果が期待できるのです。

体力回復から精力増強までいいことずくめの感が強いアルギニンですが、副作用も報告されているので一応注意が必要です。起きやすい副作用としては下痢や腹痛がありますが、これは過剰摂取をした場合に生じるものです。そして肝臓や腎臓への負担が大きくなるといったこともありますが、これも過剰摂取によって代謝が活発になりすぎてしまうからです。基本的にアルギニンは天然成分ですので適量を守っているかぎりこれといった副作用はありません。しかしながら成長期の子供では発育が過剰になる危険性がないわけではありませんし、統合失調症になる遺伝的要素が高い人が摂取し続けると症状を発生させやすくなる副作用もあるようです。

性欲がわかないのはなぜ?その原因と対処法とは

性欲湧かない 原因

最近、性欲がわかない…と悩んでいる方には何かしらの原因があります。彼氏・彼女と夜の営みができなくなった、もしくは、夜の営みでも今までのようには興奮しないという状況では、この先心配になってしまいますよね。そこでここでは、性欲がわかない原因を究明していきたいと思います。
 性欲がわかない原因は大きく2つ存在します。それは、身体的な原因と精神的な原因です。詳しく見ていきましょう。
 
1.身体的な原因 
 身体的な原因で考えられるのは、老衰と疲労です。まず老衰ですが、年をとると自然と男性ホルモンや女性ホルモンが減っていきます。それは自然なことですが、性欲がないことで、困る場合は、ホルモン系の治療などを受けることも可能です。また、運動や食事の改善などでも効果が出てくることも良くあります。疲労に関しては、日本人はとても忙しいといわれていて、仕事も外国に比べてかなりハードですよね。朝早かったり、夜遅くまで残業していたりと、どんどん疲労がたまってきてしまいます。そうすると自然と性欲がわかなくなってきてしまいます。疲労による性欲減退の対処法は単純に体を休ませることです。食事を健康的なものを取る(野菜や肉、魚などをバランスよく摂取する)ことや、しっかり睡眠をとることが重要です。

2.精神的な原因
 精神的な原因で考えられるのは、夫婦やカップルのマンネリ化や悩み事・ストレスなどです。これら精神的な原因で性欲がわかない場合は、身体的な原因で性欲がわかない場合よりも厄介です。夫婦やカップルの性行為のマンネリ化については、普段から同じようなことしかしていない場合は、たまにはいつもと違ったプレイをしたリ、違った場所でするというのが大きな対処法です。マンネリ化が起こってしまった場合は、いつもとは違う何かを取り入れてみてください。
 悩み事やストレスについては、悩み事やストレスの対象が全く関係のない人や事に関するものならそちらでの対処が必要ですし、夫婦やカップルの関係の中での悩み・ストレスなら、しっかりと相手と共有することが解決への近道になります。関係がギクシャクしていては当然に性欲なんてわきませんから、話し合いで悩み・ストレスを解消することが重要になってきます。
 
 いかがでしょうか。性欲は人間の欲求の中でも大きなものなので、性欲がわかないと、生きている感じがしないといえるくらいの人もいるかと思います。しっかりと性欲がわかない原因を突き止めて、対処法を実践して、これまで通りの性欲を取り戻しましょう。

精力減退の3つの原因とは?その改善策も解説

精力減退 原因

精力減退の3つの原因ですがまずは加齢が挙げられます。精力が維持されるためには様々なことが必要です。たとえば血管が健康であり血流がスムーズであること、男性ホルモンが正しく分泌されていることなどです。こうしたことはしかし年齢を重ねることで、少しずつ低下していきます。血管の場合、それまでの不摂生などによりダメージが出やすくなり、それにより血流が滞りやすくなると言った具合です。男性ホルモンの場合は、年齢を重ねることでその分泌量は減少していきます。よって年齢を重ねるとこうしたことを原因として精力減退は起こりやすくなると言えます。

ただこうした原因は必ずしも年齢を重ねたからと言って出てくるわけではありません。それまでの生活習慣が大きくものを言うと言う側面もありますから、改善策としては若い頃から自分の体の状態に気を使うことが第一です。また年齢を重ねたからと言ってそれを言い訳にせず、生活習慣に配慮することが状態や精力減退の改善につながると期待できます。それからふたつめですが、ストレスです。ストレスは自律神経を乱れさせる大きな原因であり、精力減退に自律神経は深く関係しています。

更に自律神経が調節されている部分と言うのは、男性ホルモンの分泌を司っている部分とひじょうに近い位置にあると言われています。そのため自律神経が乱れるとその影響を受けて男性ホルモンの分泌にも、悪影響が出やすくなると考えられます。精力減退と男性ホルモンの分泌量と言うのは切っても切り離せない関係にあるので、このような原因を防ぐためにはストレスを軽減し自律神経の働きを守ることが求められます。現代社会においてストレスを全く感じないと言うのは難しいことです。

ただしそれを感じても、速やかに上手に解消することができれば自律神経への影響も緩和できます。ですから改善策としては、自分なりのストレス解消法を見つけておくことが挙げられます。そして最後は食事内容の乱れです。たとえば脂肪分が多い食事ばかり食べていると、血中の脂肪も多くなるため血流としては滞りやすく、どろどろとした状態になりやすくなります。このような状態では精力維持のために必要な循環も起こりにくくなるため、精力減退が発生しやすいと考えられます。

これを改善するためには、とにかくバランスのとれた食事を食べることがいちばんです。脂肪分が悪いと言うことではなく、そればかりに偏っていると良くないと言うことです。肉と魚、野菜や海藻類などをバランスよく摂取するようにすると、体の状態を改善することにつながると考えられます。脂肪分でも、青魚などに多く含まれているDHA、EPAは血中コレステロールを抑制し、血流を促進させる作用が期待できるので精力減退にも効果的です。また亜鉛には男性ホルモンの分泌に働きかける作用があると言われているので、気になる方はこれが多く含まれている食品も意識的に摂取するのが望ましいです。

そして重要なのは、ここまでに書いてきた改善策は、1日や2日、行うだけで良いと言うものではないと言うことです。体に働きかけを行うためには継続することが何よりですから、その点は留意しておく必要があります。